頭痛と頚椎に関係に着目している広尾駅前整骨院

頚椎の関節機能の問題で生じる頭痛があります。

頚椎=首の骨は7個からなり、頭蓋骨を支える一方で、大きな可動域(ROM)を持ちます。
機能が多い分、歪みや関節の問題が生じやすい構造なんです。

頸椎の関節機能に問題が生じると首の歪みや機能障害が一部の神経に刺激を与え、前頭部・側頭部・後頭部や目の奥などに違和感を感じます。深部痛とも言います。さらに頚部周辺のじん帯や筋肉を緊張させて痛みを出してしまいます。症状がひどい時は、肩や肩甲骨、背中にまでも痛みが出現します。

頭痛は主に首や後頭部、側頭部に重だるい痛みが広がります
首を動かすことで頭痛が増悪することがあります
頭痛に伴って吐き気やめまいを感じることもあります

頚椎性頭痛に対して骨格矯正治療は非常に有効と考えています。
骨格矯正治療では頚椎性頭痛の原因になる頚椎周辺組織に直接刺激を加えることが可能のため効果が現れやすいのです。
頚椎及び胸椎の関節の制限を全体的なバランスを考慮しながら矯正を行っていきます。矯正の際には「ポキッ」と音が鳴ることがあります。これは関節内の圧が急激に高まり気体が発生し、破裂する音だと言われています。骨がぶつかっている音ではないので安心してください。

緊張性頭痛はマッサージや温めることでも症状の緩和することもありますが、頸椎性頭痛の場合は関節の問題を正常に戻すことが先決です。逆に関節の制限が残る状態で筋肉だけをマッサージで緩和してしまうことで症状が悪化する可能性もあります。

関連記事

  1. 海老蔵さん吸角 カッピング 渋谷区広尾駅前整骨院 広尾はりき…

  2. 伊勢神宮

  3. 高校野球 スポーツ 捻挫 整骨院 広尾

  4. 骨格矯正

  5. 鍼 はり 肩こり 腰痛 マッサージ 広尾 六本木

  6. ロゴマーク完成(^^)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate »