カッピング・吸い玉・吸角と言います。東洋医学です。

 

カッピング・吸い玉・吸角と言います。東洋医学です。

カッピング(吸い玉療法)とは、皮膚にカップを吸着させることで、血液の循環を良くします。血行が良くなると、痛みがある部位や凝り固まった筋肉などが緩和し、体内の新陳代謝が促進されます。そのことにより、ヒトが持っている自然治癒力が向上します。現在ではアンチエイジングなどの美容の面でも注目されています。
また、スポーツ選手などのコンディショニングや疲労回復作用にも効果的です。

効 果

吸引の刺激により毛細血管が拡張し、結果として血行を促進することから「血の滞り(血行不良)」「筋肉・関節周辺組織の疲労・老廃物の滞りを改善してデトックス(排毒)効果が得られます。
また、背中の皮膚近くには交感神経が走行しているため、皮膚を刺激することで「自律神経失調」「免疫低下」「ストレス」「新陳代謝低下」に効果があるとされています。こりを「押す・揉む」のではなく「吸う」という刺激が、「デトックス(排毒)」効果をより高めてくれるのです.
予約制ですので電話くださいね。
六本木ミッドタウン前整骨院でも可能です。https://roppongimidtown-seikotsuin.com

関連記事

  1. 献血 渋谷 赤血球 白血球 血小板

  2. お子様連れ、妊婦さんも大歓迎です

  3. Traffic accident

  4. ロゴマーク完成(^^)

  5. 骨盤

  6. Hiroo Hawaiian Week 2019

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Translate »